FC2ブログ

灘校生の親たちは我が子を天才だと思っているか

灘ママ友は多数いますが、我が子が天才どころか他の子よりも優秀だと思っているふうの人は見当たりません。皆さん謙虚です。
例えば灘中入試1位合格の子や、灘中模試で常に1ケタの順位だった子、算数オリンピックでメダルを取った子というのは、そうしたタイトルからの判断でなく実際に接してみても、やはりとても優秀ですし、同じ灘校生やその親から見ても天才だと感じることがありますが、そういう人でさえ、当人やその親は自分だけが優れているとは思っていず、他の人の優れた点に目を向けています。
我が子に秀でたところがあったとしても、時には他の人が上に立つこともある、また、我が子にはない点で他の人がものすごく秀でている、ということを、灘中を目指す集団に入ったときから、皆、実感しています。それ以前に親も優秀な人たちに囲まれてきたという場合が多く、自分や我が子だけが特別ではないということをよく知っているのです。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

正確ではない。

>我が子が天才どころか他の子よりも優秀だと思っているふうの人は見当たりません。

と、書きつつ、

>当人やその親は自分だけが優れているとは思っていず、他の人の優れた点に目を向けています。

>親も優秀な人たちに囲まれてきたという場合が多く、自分や我が子だけが特別ではないということをよく知っている

ご自身も「だけ」を連呼していることからわかるように、優秀層としての自覚はある人間が大半だと思う。しかし、上には上がいること、似たような能力を持っている人間が複数いることは知っているので、その中で、自身や我が子に「天才」「優秀」だという言葉を使い、自らの首を絞めるような真似をする愚かな人間はいないだけだ。そして、謙虚に振舞うことを知っている。

しかし、一歩その枠から外に出ると謙虚さを失う人間も多い。実際、子供の中受のブログでも、本来無関係であるはずの母親の卒業校を明記してしまう人には「東大卒」が明らかに多い。東大卒/灘校生ママさんも然り。これは、自己顕示欲と地頭・DNAより「我が子もそれに近い位置まで行ける能力を持っているはず」との確信から来るものだろう。

そもそも、自分が特別だと全く思っていない人間ならば、有料で我が家の秘策とやらを配信しようと思わないはずではないか。

コメントありがとうございます

冷静な分析、ありがとうございます。おっしゃること、そのとおりです。

確かに、このようなブログを立ち上げたのも、「東大」「灘校」というと、ある意味それが特別なことであり、参考にしたいと思って下さる方がいらっしゃるだろうから、ということですね。

灘のお母様方には優秀な方々がたくさんいらっしゃいますが、中には、学歴の面で見れば本当に特別ではないという方もいらっしゃいます。そうした方々もそれぞれの知恵でお子さんを上手に育てていらっしゃいます。むしろ、そうした方々の教育法のほうが参考になるかもしれませんが、私は自分自身がやってきた勉強法に基づいて子供の学習を見てきた面もありますので、学歴をあえて伏せては語れない部分があると判断し、こうしたタイトルにしております。

色々

灘校の個性や優秀さを認めあえる雰囲気はとても魅力的で愚息もご縁があればと願っています。
現在公立小に通っていますが、個性を伸ばすというのはかけ声だけで、実際は横並びでなければならない・・・そういう雰囲気に親子共々ウンザリしています。
公立ってこんなにガチガチに決められていたっけ?と思うくらい監視されている学校で、昼休みも遊ぶ内容が決まっていて、担任と決められた遊びをしないといけないそうです。頑固な息子は『昼休みくらい好きにさせてほしい』とクラスで一人、自分の意志を貫いているそうですが、そうすると担任から『空気読め』とかクラスの子に『あいつと関わるな』と言ってくるそうです。なぜここまでして横並びにするのかと感じることが多いのですが、どうも県の教育委員会として推進している昼休みの過ごし方らしく、もうなんとコメントしていいのやらという状況です。他の自治体の公立もこんな感じなのでしょうか。
他にも毎週日曜のまだ薄暗い6時半から、近所の山登りに来いと召集されます。各家庭、休日の過ごし方があると思うし尊重されるべきだと思うのですが、来ないとなぜ来ないのかと学校から事情を聞かれます。そして事情が学校の意向に沿っていないと家庭含め、学校に非協力的だと叱られます。
他にも?が盛り沢山の学校ですが、こういう雰囲気で本当に日本を動かすほどの人間が出てくるのだろうか?と毎日考えてしまいます。
公立の『横並びが当然』という考えがある中、灘校のような学校の存在意義は大きいと感じます。九州にも灘校のような学校があるといいな・・・といつも感じます。


それから色々な考え方があるなと他の方のコメントを拝見していました。特に私は不快な印象はありませんし、むしろ率直なブログだと受け止めています。
灘校に通わせたいというご家庭は、文化資本が高いご家庭が集まりやすいのだと思います。
私自身はごく普通の学歴と思いますが、主人の家系は大学の先生ばかりです。皆さん自分を謙遜しつつ、心の中ではこの分野は誰にも負けたくないという特別な感情が垣間見えます。ある分野の勉強が得意であったり、学歴が高い場合、それが当然と思っていましたから、他のコメントを拝見し、新鮮な驚きを感じました。
九州に住んでいますと、なかなか学校の細かい様子がわからないので、これからも差し支えない範囲で結構ですので発信していただければと思います。
長文失礼しました。

応援ありがとうございます

毎日更新の記事は基本的には、灘校関係者ならば誰でも知っている→灘校に知り合いがいれば得られる情報を掲載しています。私自身も子供が灘を目指す小学生であった頃には、こうした情報を求めていました。灘中受験を考えていらっしゃるご家庭の方に見つけていただくことを願っています。子供や自分が通っていない学校については勝手なことを書けませんので、灘校とたまに東大についての記事ばかりになります。

今回のように私自身の考えが入ると、どうしても、ここはちょっと違うのでは?と思われる方もいらっしゃいます。

灘校のお母様方が皆おどろくほど謙虚であるのは確かですが、ご指摘いただいたとおり、外の世界と比べると、我が子も含め灘校全体が外の世界とは違うという意識があるのも確かです。その違いが魅力的だから、子供とともに灘を目指してきたのです。

それを魅力的であると思って下さる方に向けて、灘校情報と、この世界に入るためのヒントとなることを発信することがこのブログの趣旨であると考えています。

そのような意図でなく覗かれる方にまで我が家の方針や私の考えを公開することは本意ではありませんので、そうしたことが中心となる記事は、購入手続きの手間をかけてでも本当に参考にしたいと思われる方のみに読んでいただけるよう、限定公開とさせていただいています。
ただ、今回のように私の意見が中心であるような記事でも有料とするには足らないようなものは、全体に公開としました。



九州のどちらにお住まいかは存じ上げませんが、福岡からは毎年何人か灘中に合格されています。灘中受験に力を入れている塾があるようですね。詳細はわかりませんので、もしお近くでしたら探してみてください。九州の他の県からも毎年合格されています。添付URLをご覧ください。

返信ありがとうございます。
福岡住まいではありませんが、塾はsapphire様のアドバイスにありました塾に在籍しています。
灘クラスは福岡にあるらしく、私どもの住んでいる地域の教場にはないようです。
しかし塾の先生にご相談したところ、ある程度の基準に達したら季節講習などは灘クラスの授業を受けることができるそうなので、もう少し成績があがるようフォローしますとのことでした。
塾の先生も、気難しい息子の性格を考えると、地元九州の学校より灘校が合うのではないかとのことでしたので、不安はいっぱいですが、先生方と協力しながら頑張っていきたいと思います。

頑張ってください

灘校での優秀なお友達で、やはり季節講習は兵庫県に来ていたという人がいます。他の地方の人も灘校見学ができる機会には兵庫県まで来て合同特訓を受けることもあるようですね。

ご本人の灘への思いが最大の原動力となると思いますので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。
☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク