FC2ブログ

灘中合格のために結局どの塾がいいのか

灘に入ってからのお友達の出身塾は様々です。つまり、この塾でなければ!というのはないということです。文系な私は数字のデータを気にしません。合格者数が多い塾に入っても、我が子はその数に入らないかもしれないし、逆に少ししか合格者がいない塾でも、我が子はその中に入るかもしれません。だから、合格実績だけで選ぶのは間違いです。大手でない塾出身の子もいますし、塾にはほとんど行かなかったという子もいます。結局、本人次第です。クラス編成のしくみや雰囲気、指導方針などが塾によって違い、先生との相性もありますから、どれが一番本人に合っていて、本人がやる気を出して効率よく勉強できるか、どこで勉強したら最も伸びるのか、というのが重要です。一旦入塾したからといって塾に忠義を尽くす必要もありません。本人の目標達成のために、選ぶ権利はこちらにあるのです。合わない部分はカットしてよいし、まったく合わなければ合うところに変えるべきです。
通塾手段/時間も重要だと思います。通塾時間が長くて疲れてしまい勉強時間が確保できないようなら、よさそうな塾でもおすすめできません。通塾時間が長くても、その間ご本人が電車の中などで効率よく勉強できるならよいかと思います。また、一時期子供が巻き込まれる事件が相次ぎましたから、私は安全に通えるということも重視しました。男の子とはいえまだ小学生です。万が一、通塾中に事件に巻き込まれるようなことがあれば、塾に行かせたことを後悔することになります。

出身塾が違っても灘校生はみんな仲良し。むしろ、自分と違う塾に通っていた子に興味を持ったりします。入試の日、受験生たちは塾ごとに分かれて灘の門を入っていきますが、在校生たちは様々な塾出身の子たちが一緒になって、その姿を見送っています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク