FC2ブログ

灘特進(日能研)に入るには

日能研関西の西宮北口駅ビル校・元町校・明石校(兵庫県)、上本町校・豊中校(大阪府)、烏丸校(京都府)のみに灘特進コースが開設されています。(+姫路校に小2・小3の灘特進ジュニア)
平日も土日も、灘を目指す同じメンバーで授業を受け、上記すべての教室の灘特進生が岡本校に集まる合同特訓も行われます。
灘特進選抜テストに合格すれば受講できます。日能研の他のテストの成績で自動的に入れるということはありませんが、すでに日能研関西に通っていて普段の成績がいつもトップクラスだと、灘特進選抜テストを受けてみるようにとお声がかかることはあるようです。けれども、いくら普段の成績がよくても、あくまでもこの選抜テストで合格点を取らなければ入れません。お声がかからなくても、自分から申し込んで選抜テストを受けることもできます。日能研生でなくても申し込めます。受験料は無料です。不合格となっても何度でもチャレンジできますから、ある程度の実力があり、あきらめなければ、チャンスはあります。
選抜テストが行われるときは日能研の折り込みチラシに掲載されますが、直接、問い合わせておいてもいいかもしれません。

→ 日能研 灘特進コース

小2・小3の灘特進ジュニアからのほうが入りやすいという話もありますが、それが最終的に灘中合格につながるとは限りません。一旦受講資格を得ても、受講を始めてからの成績により灘特進から外されることもあります。たとえば小3で灘特進ジュニアに入って、小4のはじめにはもう外されてしまった子もいます。小3で入って小6まで灘特進で勉強し続けて灘中に不合格となった子もあれば、合格した子も、もちろんいます。一方、小4・小5から灘特進に入って灘中に合格した子も大勢います。小6では選抜テストは実施されていません。すでに灘中を受験できるほどの実力をつけている子なら、個別に相談してみることはできるかもしれません。
いつから本格的に受験勉強を始めるのが最終的によい結果につながるかは、そのお子さん・ご家庭によってもそれぞれだと思いますが、もし低学年のうちから塾通いを始めるなら、息切れしないように気を付けてあげたほうがいいですね。

灘特進コースには日能研の素晴らしい先生方が集まっていらっしゃいます。普通のクラスだと様々な学校を受ける子がいるので入試当日に自分の受験校に応援にきてくださる日能研の先生はよその教室の知らない先生だということが多いですが、灘特進は必ず、入試会場でお世話になった先生方に見送っていただけるのも利点です♪


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク