FC2ブログ

灘中受験を、関東の進学塾は奨励しているか

灘中に合格して辞退する人が毎年いるということは、関東などから受験しにきて結局灘中以外の学校への進学を選ぶ人たちがいるということです。

関東の最難関校などを第1志望としているのであれば、本命校の入試直前に灘中受験のために関西まで往復するということは、交通費・宿泊費も結構な額になるだけでなく、時間も労力もかなり費やすことになります。
再度試験をすれば順位が入れ替わると言われるほど互角な実力を持った子たちの中での関西最難関校受験ですから、よほど実力があっても、関東の本命校入試の前に合格をとってプラスの気分になれるという保証はなく、かえって本命校受験によくない影響を及ぼすリスクもあります。

それでも力試しとして受験しに来る人はいるかもしれませんが、関東の本命校の入試日に何かあって予定外で点が取れず不合格となったときのための押さえとしておく場合もあるかもしれませんし、両方合格してからどちらに進学するか考えるということもあるかもしれません。特に東日本大震災での原発事故の影響が騒がれた頃は、灘中に合格すればこれを縁として関西に引っ越そうと考える人がそれまでよりも多くなるのではないかということも考えられました。

関東の進学塾がどれだけ灘中受験を勧めるか、どのような意図で勧めるかについては、すべてを把握してはいませんが、関東の大手進学塾から灘中に入学したお友達の例では、お子さんが灘中を受けたいと申し出た時、塾の先生から言われたことは、灘中に入学する気があるならば受験しに行きなさい、ということだったそうです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク