FC2ブログ

灘校の先生の謙虚さ

授業中に寝る生徒がいるとき、どうしても点が取れない生徒がいるとき、灘の先生は「私の授業が悪い」とおっしゃることがあります。優秀な生徒しかいないはずなので、そういう生徒が授業を聞けなかったり、点が取れなかったりするはずがなく、その原因は自分の授業にあるのかもしれないという謙虚な姿勢をお見せになるのです。実際は、不真面目になることもある年頃の生徒のほうに原因があるのかもしれませんが、そういう生徒たちに、自分にできないはずがないということを気付かせる意味もあるのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校 参観とバザー出品

今週は担任の先生と保護者との面談が行われ、学校に足を運んだついでに午前中は授業を自由に見学することもできます。

また同時に、来年の文化祭に向けて保護者からのバザー出品も受け付けています。文化祭は5月2日・3日で、4月中にも再度バザー品を集めます。売上は生徒会活動費、社会事業への寄付、または、我が子の部活の活動費に充てていただくよう指定することもできます。バザー出品にノルマはありませんが、自主的に貢献しようという保護者の方が多数いらっしゃいます。

贈答品に加えて、灘ママ手作り品を多数ご用意しています。
5月の文化祭においでの節は、ぜひバザー会場ものぞいてみてください。
また、ご子息がご入学された折には出品よろしくお願いします。


参考記事:
灘校文化祭当日の保護者のお役目

灘校文化祭に向けて 保護者のすること

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校での成績のもらい方

今週は、30分×6限で授業は午前中で終了し、午後は担任の先生と保護者との個別懇談がおこなわれています。この時に「夏休み宿題考査」と「2学期中間考査」の個人成績・得点分布表が保護者に手渡しされます。
答案は授業においてすでに本人に返却されています。機械的に○付けをできるような答案ではないのですが灘校の先生方は採点が速く、試験の翌日にもう全員分の答案を得点分布表とともに返却してくださる先生もいらっしゃいます。

1学期は学年毎の保護者会があり、その時に、クラス毎・番号順に、「1学期中間考査」と中2以上は「春休み宿題考査」の個人成績・得点分布表を、保護者がいただきます。
下宿生の保護者の方でも大体が、1学期の保護者会、2学期の個人懇談の際には、宿題考査、中間考査の成績をいただき先生とお話をするために、遠方からはるばる学校に足を運ばれます。

3学期は中間考査はありませんからこのような機会はなく、各学期の期末考査の個人成績・得点分布表は、終業式で通知表とともに本人がいただいてきます。いただいてくる日が分かっているので、保護者に見せないわけにはいきません。

分布表はいただけるので何位から何位の間に入っているということは分かるのですが、明確な順位は知らされません。これまでいた世界でトップだったような子ばかりが集まっていますから、灘の中では上位を取ることは難しくなる、ということを、中1の1学期の学年保護者会で言われます。この中で明確に順位付けして競わせることは学校としては本意ではないようです。それでも、もともと向学心のある子たちなので、それぞれ、どの教科ではどれだけ取りたいということを自分自身で考え、励んでいます。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘に高校から入る人

高校からの募集をとりやめる中高一貫校が多い中、灘は高校で約40名募集するという方式を続けそうです。

高校から入学すると、中学から灘にいて進んだ学習をしてきた生徒たちについていけるかという懸念があるかもしれません。一部の授業は高校から入学した「新高一」は分けておこなっているようです。ほとんどの授業は中学からの進学者と一緒ですが、灘高入試自体が厳しい入試ですから、ついていけるような優秀な人々が合格しているのだと思います。

中学入試では入れなくて高校入試でリベンジという人もいるようですが、割合としてはどうなのか分かりません。灘中入試に向けて小学生のころ勉強し、さらに3年間、灘への思いを抱き続けて灘高入試に向けて勉強するというのは、相当長丁場で強い精神力が必要になることと思います。学習内容がさらに進んで受験科目は増え、募集人数は少なくなりますから、灘中入試よりもさらに厳しい闘いではないかと思います。ですから、灘中入試で失敗したのだとしても、灘高入試で入って来る人たちというのは、尊敬すべき優秀な人たちであると思います。

近くに住んでいて優秀であってもご家庭の考えで中学受験ということは考えず公立中に進学し、高校は灘を選ぶということもあるでしょう。

遠くからでも灘中を受験して中1のうちから下宿したりご家族で引っ越したりして入学される方もいますが、小6から中学校にあがる段階では優秀であっても遠方の学校を受験するということは頭になく、高校を選ぶ段階になって親元を離れて下宿することを前提に灘高を目指す人もあるでしょう。

ずっと海外に住んでいて、高校から灘に入学した優秀な先輩もいらっしゃいました。海外の現地校に通いながら、日本の最難関の入試に対応する力をつけていたところもすごいですが、さらに英語がネイティブ並みであるという利点、海外で身につけた積極性や行動力、異なる文化が、同級生や後輩に多大な影響を与えました。

高校からの募集がなければ、このように中学まで遠方や海外に住んでいた優秀な人材は入らなかったかもしれないことを思うと、やはり、高校でさらに優秀な生徒を募集するということに非常に価値を感じます。

関連記事

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

灘校生の作るレゴはすごい

かつて灘校に、レゴを大変極めた方がいらっしゃいました。
東大進学後は東大レゴ部を作り、日本人初のレゴ認定プロビルダーとなった三井淳平氏です。先週土曜日は、この三井氏が母校を訪れ、土曜講座の1つとして、現在在学中の後輩たちに「レゴブロックによる立体表現」を伝授して下さいました。「四角いブロックで球体を作るには」ということを中心に、数学的な考え方や建築学的な考え方などを導入した講座だったそうです。

三井氏ご本人によるすごい作品はこちら→ 純LEGO(三井淳平氏サイト)

彼の6年後輩にも、レゴの好きな人たちが何人もいて、灘校レゴ研究会を作りました。
2008年から2011年の灘校文化祭で、数々の大作や子供たちが触って遊べるパズルまでレゴで制作し、大人気でした。個人作品の他に、共同で制作した灘校校舎が圧巻でした。

彼らの文化祭での展示作品はこちら→ 灘校LEGO研究会
(個人作品は gallery、灘校校舎は projects をクリックしてご覧ください。)

彼らは2012年3月に灘校を卒業してしまい、そういうわけで2012年5月の灘校文化祭ではレゴの展示が見られませんでした。
小学生の方々からの(?)ご要望により、2013年の文化祭ではレゴ展示が復活しました。レゴ研究会の部員のほとんどは2012年に卒業してしまったのですが、彼らの後輩がまだ数名在学中です。
さらに、今回の土曜講座で三井氏の教えを受けた灘校生たちが、次の文化祭に向けて素敵な作品を作ってくれることに期待です。
これからもレゴ好きな賢いお子さんが灘中に入学し、レゴの展示を続けていってくれるといいですね。





関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校卒業生が神戸市長に当選

昨日10月27日、神戸市長選挙が行われました。
現職の矢田立郎市長が引退を表明し、矢田市長のもとで副市長を務めていた久元喜造氏が、昨日の選挙で神戸市長に当選しました。

久元喜造氏は、灘高→東大法学部。灘へは高校からの入学のようです。
灘中説明会でお馴染みの大森教頭先生と灘高時代の同期だそうです。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校生は全国から集まっています

灘校は神戸市にありますが、灘校ホームページの入試資料によると、合格者の中ではじめから神戸市内に住んでいる人は1割くらいのようです。兵庫県の神戸市外の人もいますが、全体の割合としては大阪の人が多いようです。
合格し、入学して実際に通っている人を見ると、兵庫・大阪以外に、京都・奈良・滋賀からもいらっしゃいます。広島や愛知から新幹線で通う人もあれば、下宿する場合もあります。関東や四国、九州の人は、下宿する人もあれば、お母様とともに逆単身赴任で引っ越していらっしゃるお宅も結構あり、入学後の名簿では神戸市在住が増えています。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校の下宿

灘校の下宿は、下宿生とその保護者以外には謎です。学校から徒歩圏内なのですが、だからこそ、そんなところに複数の灘校生が住んでいるとなると、他の生徒までたむろしてしまうのを懸念してか、下宿の住所は明かされず、友人を連れてくることは禁止だそうです。通学圏外からの合格者は学校に個別に相談して下宿の紹介をうけるそうです。何軒かあり、それぞれ少しずつ仕組みや規則が違うようです。
灘校は規則がなく自由ですが時間割はあるのと同様に、下宿では夕食の時間帯や門限は決まっていて、管理人さんを困らせないための規則はあることと思います。部活の打ち上げなどで門限を過ぎる場合は、連絡すれば大丈夫だそうです。
下宿の先輩と生活を共にするため、先輩の影響で部活を選んだり、いろいろと教えていただいたりということもあるようです。

続きを読む

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘ミシュラン

学校がお休みの日に部活などで学校に集まる時のお昼や、学校の帰りなどには、灘校の近所の食堂で食べることも結構あるようです。灘校生ご用達のお店はいくつかあるらしく、灘校生徒会の会誌に「灘ミシュラン」として紹介されています。男子中高生が食べる店ですから「ミシュラン」という言葉で思い浮かべるような高級なものではありません。評価のポイントは「量」「値段」「味」― 男子中高生にとって大事な順ですね。4つめのポイントは、それぞれの店で星をたくさん付けたいポイントが書かれており、「美人店員」となっている店もあります。

この「灘ミシュラン」を見せてもらう前から灘校生がよく行く店として一番聞いていた店は、「しぇからしか」というラーメン店です。「しぇからしか」は福岡の方言らしく、ここで食べられるのは、博多の濃厚とんこつラーメンそのものだそうです。お店に入った途端にとんこつのにおいがすごいとか。下宿生は例年、福岡からの生徒が何人かいるので、彼らのふるさとの味が他の灘校生にも広まったのでしょうか。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校の食堂で大盛り無料サービス

10月7日より、灘校の食堂でのご飯ものの大盛り追加が、12時45分以降無料になりました。混雑緩和の一環だそうです。お昼休みは12時30分からなので、お昼休みになると同時に生徒が殺到するのを避けるということでしょうか。通常料金のみで大盛りを食べたい人は12時45分まで待つということですね。お昼休みは13時10分までです。逆にお昼休み後半に生徒が殺到するようになるのでは?午後の授業への影響は?と思いましたが大盛り無料サービス導入後の食堂の状況は、弁当持ち息子の母には伝わってきません。

下宿生は、夕食は下宿で用意してもらえるようですが、昼食は学校の食堂で食べるしかなく、食堂メニューなどの充実が切実な問題のようです。下宿生中心で「食堂委員会」というものを結成し、食堂の改善について考えているようです。

参観のときなどは保護者も食堂を利用してよいらしく、どのような食事をしているのか興味はありますが、限られた時間内でここで食べるしかない男子生徒たちの分をいただいてしまっては申し訳ないので、遠慮しています。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校生ってどんなゲームをしているの?

頭を使うボードゲームはよく家族でやりましたが、それは別として今どきのゲームについてです。

小さい頃はDSを、頭を使うソフト限定でやっていました。友達がやっていたからと、スーパーマリオも1枚だけ持っています。これは我が家の場合です。ほかの灘校生たちは、なにしろうちにないソフトについては私が分からないので具体的には言えませんが、頭を使うものにこだわらず純粋に遊びのものを多数持っていたという人もあれば、DS自体持っていなかったという人もいて、それぞれです。

Wiiは、我が家には本体と基本的なソフト、それに小学生のころにサッカーをやっていたことでサッカーのソフトくらいしかなく、今は1人のときにすることはありませんが、灘校の友達が家にくるときはリモコンとソフトを持ってきてくれて、いろいろとみんなでもりあがっています。これまた私が分からないので具体名を言えませんが、戦いゲームのようなものや鉄道ゲームのようです。
パソコン部であれば自分でゲームを作れてしまう人たちです。好きだからこそ作るのでしょうね。
こうしたゲームは1人でやる時間が長いと問題かもしれませんが、友達同士で集まった時にコミュニケーションをとりながらやっているので、たまにはよいと思います。灘校のお友達は気が合って、息子が1人では退屈になってくるようなゲームも友達と一緒なら楽しいようです。

大集団でボウリングに行ったときは、同施設内のアミューズメントもセットです。メダルゲームはどうすれば成功するか物理学的に計算しながらやっている、と言われると、真っ向から否定できません。計算ではできないように、と意図されているかどうかは別として、微妙なずれがあって計算通りにはならないと思うのですが・・・それでも、どうすればうまくいくかを考えること自体が面白いらしいです。
同級生では「太鼓の達人」が好きだという人が結構いるようです。リズム感がつくのでしょうか。大会で上位に進む人もいるらしいです。

最近はほとんどの子が毎日、スマホやipod touchですね。こうなるともう母には何をやっているか分かりません。やはり「パズドラ」がおきまりらしく、ほかには脱出ゲームや、音楽に合わせて画面をタッチするゲームなど。それぞれでやっていることも多いですが、コミュニケーションツールにもなっているようです。
何人かで集まるとスマホアプリでよくやっているらしいのが「人狼(じんろう)」。誰が人狼か、推理するのが面白いらしいです。これはこのゲームに集中してやるのでなく、部活などで集まっている時に、待ち時間に質問をしあったりして、他のことと同時進行で行われているようです。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校 今日は創立記念日です

今日は創立記念日です。いつもは50分授業のところ、昨日は45分ずつになり、短縮分は昼休みに体育館で短い式典が行われるはずでしたが、今年は悪天候のため教室にて放送で校長先生のお話を拝聴したそうです。紅白饅頭をいただいてきました。白はつぶあん紅はこしあんです。その場で2つとも自分で平らげてしまう子もあれば、家に持ち帰って家族に分けてくれる子もいます。消費期限が明日までなので、下宿の子はご家族に届けることはできませんね。

創立記念日当日の今日はお休みです。灘校生の過ごし方は、友達とボウリングやUSJに行く、友達の家で集まってゲームをする、あるいは部活です。

131023_1910~01
関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中の制帽

灘は現在は私服通学ですが、制服があった時代の制帽を、2月初めの合格者召集日に、ネーム入り体操服の注文などとともに購入できます。実際はかぶって通学することはありませんので、制帽の購入は必須ではないのですが、やはり合格記念として買う人が多いです。飾っておくことを想定したミニサイズもあります。

131023_0901~01
関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中入試の試験監督

入試の試験監督は灘校の先生がされます。灘校には外国人の先生もいらして担任もされています。日本人の先生と区別なく、入試の試験監督もされます。試験前に、机に置いておくものなどを日本語で指示されますが、外国人が日本語を話すということに慣れていない子は一瞬「?」となることもあるようです。外国人に慣れている子は平気ですが、そうでない子は当日びっくりしないように、そういうこともあるということも念頭に置いておいたほうがいいかもしれませんね。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中入試に対応する空間認識力の基礎を作った 自作パズル

昨日ご紹介したロンポスは大人でも結構手ごたえのあるものですが、ロンポス以前、
幼児期に大好きだったのは「立体パズル」でした。これで空間認識力の基礎ができたのかもしれません。


実際に幼児期の息子が使いこんで縁がボロボロになった立体パズル
  ↓
131020_1317~01

幼児期から立方体の組み合わせにはまった息子は、小学校低学年の頃には自分で立方体パズルを作ることに夢中でした。
  ↓
131020_1314~01

131021_1041~01

図に描かれた立体が、最低(できるだけ少ない数で)いくつの立方体があれば作れるかという問題です。

立方体のブロックがあれば、実際に確かめることができます。


平面の図を見て答えを考えてから、積み木で確かめます。
塾のテストでも似た問題が出題されることがありますが、この頃はまだ塾には行かず、親子共に、灘中受験のことは考えていませんでした。灘中入試では空間認識力が大事であるということも、この頃は知りませんでしたが、本人の興味の向くままに遊ばせていた結果、灘に向く頭脳になっていたようです。

追加記事: 灘中入試に必要とされる空間認識力を養うおもちゃ

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

IQ280 ?

ロンポスというパズルで最後のレベルまでできるようになった時の表示です。
ギネスブックに認定されている知能指数の最高値はIQ228だそうですから、IQ280は実はありえない数値です。本物のIQではないと気付かせるためにこのような設定にしているのでしょうか・・・?

実際、ロンポスのIQ280の問題はかなり難しいですが、IQ240は立体の基礎で、このへんは簡単に解けるものもあります。息子は平面よりも立体が楽しいらしいです。慣れもあるのでしょうか。私自身はこれまでやってみていなかったので、実際に積んでみないと解けませんが、息子は問題の図を見ただけで答えが分かるものもあるとか。さすがの空間認識力。灘中入試の算数では、必ず立体問題が出ますね。平面の問題用紙に描かれた図形を見て、それがどんな立体を表しているのか、あらゆる角度から認識できるということが必要です。ロンポスのような立体は出ないと思いますが、空間認識力を鍛えておくのに有効かもしれません。

さて、IQ240やIQ260の問題ができたところで、これでもギネスブック認定の最高値を超えていますし、そもそも、本当のIQは実年齢との比較で測るものなのに、ロンポスでは取り組む人の年齢に関係なく、問題のレベルがIQで表示されているわけですから、まがいもののIQです。

灘でも東大でも、本当のIQを測ってみたという人の話はきいたことがありません。IQがいくつかということよりも、実際に難問を解けるということだけで十分なのではないでしょうか。



関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校生の携帯電話

塾通いの時からご家庭との連絡や位置確認のために携帯電話を持っていた子も多いと思います。
中学校では公立・私立ともに携帯電話所持禁止というところが多いと思うのですが、灘ではOKです。もちろん授業中は使用禁止で、電源オフかサイレントマナーにしておかなければなりません。
休み時間になると皆堂々と取り出します。定期考査の時間割などの掲示物は携帯で画像撮影してくるのが当たり前のようです。
部活や委員会の連絡はメーリスによる一斉メールで来ます。メーリスは基本的に上級生からの連絡に使われます。場合によっては部活当日に集合場所などについてのメーリスが来ることもあるようです。全員が携帯を所持して休み時間にメールチェックすることを前提としているようです。
灘校生でもたまに携帯電話を持っていない人もいるのですが、その場合、自宅のパソコンでメーリス登録し、パソコンでチェックできないような時間にメーリスが来ることが考えられる時は友達に聞いて対応しているようです。

息子の話だとスマホを持っている人が多いという印象を受けるのですが、お母様方とお話すると、ガラ携で十分だからガラ携にしているとおっしゃることが多いように思います。割合としてはどうなのか、全員に聞いたわけではないので分かりません。

続きを読む

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中入試での文房具など

灘中入試では漢字やローマ字の書かれた服が不可であることを昨日お知らせしました。
同様に、鉛筆や消しゴムも、商品ロゴ以外の漢字やローマ字が書かれているものは不可です。教訓が書かれた学業成就鉛筆や、塾からの激励の言葉入りの鉛筆・消しゴムは、灘中入試では使えないということです。そうしたものは普段の勉強で励みとして使用し、同時に無地のものも使い慣れておきましょう。鉛筆・消しゴムともに多めに持っておくのが安心です。
ほかに、定規・コンパスが持ち物として書かれています。コンパスは使用するとは限りませんが、故障することもありますから、念のため2つ持っておくと安心ですね。
分度器など、「持ち物」として書かれていないものは使用禁止ですが、持って行った場合、かばんにしまっておけば大丈夫です。
下敷きは学校から貸与されます。自分のものは使えないということです。

携帯電話や計算機能のついた時計などは持ち込み禁止です。
携帯電話を持っていないと試験の後に会えるか不安だという方もいらっしゃるかもしれませんが、受験生が誘導されて出てくる第2グラウンドで試験が終わるころに待っていれば大丈夫です。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中を受験する際の服装

着慣れた、着心地のよい服装で受験するのが一番ですね。冬なので、外は寒く、中は暖かいということを考え、重ね着で調整できるようにしておくのがよいでしょう。手がかじかんで思うように字が書けなくなってしまったら試験の時に困りますから、試験会場に着くまでは手袋も必須です。普段暑がりの息子も、この日だけは手を温めておくためにミニの使い捨てカイロを握って試験会場に入りました。

ここまでは他の学校の受験にも共通することで新しい話ではなかったかもしれません。

灘中受験を予定していらっしゃる方にお知らせです。灘中入試では「漢字やローマ字の書かれた服」「ハチマキなどの目立つ服装」は不可です。出願後、受験票とともに届く「受験上の諸注意」にそう書かれています。

最近涼しくなりました。秋冬物の服を新調される場合は、文字が書かれていず着心地のよいものを選び、普段から着慣れておくのがよさそうですね。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘校 2学期中間考査

灘校では昨日(一部先週土曜日)から中間考査です。
今日は台風の影響も心配されましたが、結局無事、予定通りに試験が行われています。

灘校生といっても得意分野・不得意分野がそれぞれあり、まとめのコピーを交換し合ったり、メールで質問し合ったり、協力し合って勉強しているところがまた微笑ましいものです。分からないところを素直に優秀なお友達に聞く、質問できるお友達がいる、ということが素敵です。

英語・国語・数学は2回ずつ試験があります。これまでの授業の前半/後半、または使用テキスト別というように範囲が分かれているようです。
中間考査が行われるのは週2時間以上履修している科目だそうで、英国数以外の科目がほとんどなく試験の数が少ない学年もあります。

部によっては、定期考査中も練習があります。強制でなくても自主的に、試験中でも練習する人たちもいます。試験自体は午前中の2~3時間で終わりますから、部の練習をしてから帰っても、勉強する時間は十分にあるのでしょう。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

東大卒母の 中学受験と東大受験

どんな人が東大に行くの?という ほんの一例です。

不特定多数の方に見ていただくことは本意ではありませんので、
限定記事とさせていただきます。

Copyright © 東大卒/灘校生ママ の 私の学習法/子供の教育法 All Rights Reserved

◇      ◇      ◇
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

合格お守り

日本には八百万(やおろず)の神といって、様々な神様がいらっしゃいます。
その存在はお互いに矛盾するものではなく、複数のお守りを一緒に持っても神様が喧嘩するということはないと言われます。

息子本人は神社巡りをしませんでしたが、祖父や、父や姉、姉のお友達までが、ことあるごとに、息子にお守りを買ってきてくれました。
お守りをたくさん持つとよいという見本ではありません。
息子のカバンにつけられた、多数のお守りは、これだけ神頼みをしていたということではなく、息子の「灘で学びたい」という願いに、たくさんの応援があったことの証です。

その願いの実現に一番大事だったのは、右端のキーホルダーの緑色の二文字でした。

131010_2018~01 - コピー


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中の繰り上げ合格

灘中に合格しても、開成や筑駒など別の学校に合格したり、遠方からの受験でやはり通えないと判断したりで、辞退する人が毎年何人かいらっしゃいます。そのため、繰り上げ合格が生じます。多い時では7点まで繰り上がったことがあると聞いたように思いますが、平成25年度は1点だけでした。

募集人員180名に対して、例年、辞退者を予測して25~30名上乗せの205~210名が合格となっています。辞退者がその上乗せ分よりも多くなり合格者のうち入学希望者が180名未満となった場合、当初の合格最低点の次の点数から、同点グループ毎に校長先生がお電話をして入学の意思を確認し、180人台になるように調整するのだそうです。

平成25年度は合格発表の時点での合格者が42名上乗せの222名と例年より多かったので、43名以上が辞退しなければ繰り上げはないことになり、繰り上げがまったくないことも予想されました。結局、合格発表から1カ月経って1点だけ繰り上がったようです。

上乗せ合格が多かった場合、辞退者が少なければ本来の募集人員を超えてしまうのでは?という心配もありますが、学校側としては、できるだけ合格発表当日の合格者を入学者としたいという意図なのではないかと思います。

繰り上げがあるとしても、連絡があるまでかなり長い日数、気を揉みながら待つことになります。そして、繰り上げの連絡をもらえるとは限りません。

繰り上げはないものとして試験に挑むのがよいように思います。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘・開成・筑駒を併願する?

灘の入試は、兵庫県統一入試日で1月半ばの土日。開成は2月1日、筑駒は2月3日ですから、3校とも受験することはできます。
関東の優秀なお子さんにとっては灘の入試が入試練習の機会となるのかもしれませんし、灘に合格しても開成・筑駒は不合格となって灘に入学することもあり得ます。灘に合格したら関西に引っ越そうというお考えの方もいらっしゃると思います。
関西から、灘に合格した後で開成を受験しに行く人たちは、受験勉強の締めくくりも兼ねて、この機会に東京に行ってみたいというのもあるようです。
受験生のご家庭それぞれの思惑があり、合格すればお世話になった塾の合格実績にも貢献でき、中学校にとっても受験料による収入が増えるというメリットはあると思うのですが、入試とは入学資格を得るための試験であるという趣旨を考えると、合格したら入学するという可能性を前提として受験するならばよいのですが、合格というステータスを得るだけのために受験するのであれば、私は感心できません。
小学生の頃から灘に対する愛校心でいっぱいだった息子は、灘以外の学校の入学試験を受けることにまったく関心がありませんでした。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘中の偏差値

灘中の偏差値は、日能研では71、浜学園では64だったと思います。塾によって違うのです。

偏差値というのは、平均点を偏差値50として、そこからどれだけ離れているかということをあわらした数値です。だから、満点を取ったとして、あまり点を取れない子が多く受けていて平均点が低ければ、偏差値70とか80とかになり、極端な話、他の子が全員0点だったりすれば、偏差値100を超えることもありえますが、平均点が高めならば、満点をとっても、偏差値60とか55とかになります。優秀な子ばかりが受けていて、全員が満点をとれば、満点=平均点ですから、全員そろって偏差値50です。

灘中の偏差値が日能研では71、浜学園では64というのは、日能研では難関校を目指す子ばかりでなく、それほどお勉強を頑張りたくないけれども自分に合った私立中にという子も結構いるのに対し、浜学園では全体的に頑張っている子が多いということでしょう。中学受験をする子もいればしない子もいるというのんびり塾から難関校を受験する子もいますが、そのような塾でのテストだと、灘レベルの子なら偏差値80~90となります。
塾によっても違うし、同じ塾でも、テストのレベルにより、また、テストを受ける集団のレベルにより、偏差値は変わってきます。

どんな集団の中で、どのようなテストを受けたかということを無視して偏差値を見ても、その数値だけで単純に実力を知ることはできないということです。ところが、中学受験を考えていないお子さんは、「偏差値」という言葉だけは知っていてその仕組みは知らず、数値だけを尋ねたり、違う塾で違う集団で違うテストを受けている子の間で偏差値を比較したりして、数字が大きいか小さいかだけで単純にすごいとかダメだとか言う子がいるので、息子には偏差値の仕組みを説明して、偏差値の仕組みを知らない人の言葉を気にしないようにと言い聞かせなければなりませんでした。


日能研の偏差値表では、灘71、開成72、筑駒73となっています。これで単純に、灘は全国で3位と言う人もいますが、それも違います。他の塾での偏差値表では逆転していることもありますし、灘は関西での偏差値、開成・筑駒は関東での偏差値です。違う集団で比べているのです。地域を交差しての受験、愛光や西大和などの他地域での入試も考慮して算出しているのだとは思いますが、他のほとんどの学校は地元密着で、各地域でテストを受けている子のレベル、各地域の他の学校の数やレベルが絡んでくるので、単純な話ではありません。受験科目も違うし、試験の傾向も違うので、単純にどちらが上とか入りやすいとかいう比較はできません。開成や筑駒に受かっても灘には受からないという子もいるでしょうし、逆もあるでしょう。微妙な偏差値の差で単純に順位付けすることはできないのです。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

東大に行くために灘に行く?

なぜ子供を灘中に行かせたいのか。
東大に行かせるために灘中がいいのか。
東大生も灘校生も見てきた私の考え。
灘校の本当のメリットは・・・。

この記事は、有料限定記事とさせていただきます。
下の「購入する」をクリックして手続きしていただきますと、
本文が表示され、期限なしに閲覧できるようになります。
よろしくお願いいたします。

Copyright © 東大卒/灘校生ママ の 私の学習法/子供の教育法 All Rights Reserved

◇      ◇      ◇
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

灘は理系の学校?

灘校は算数/数学が大好きな子が多いです。文化祭に行っても、数学・物理・化学・生物・地学・・・と理系のクラブが細分化され、それぞれものすごく極めているところを見ると、理系の学校だなという印象を受けます。そういったクラブに目が行くのは、息子が理系なためかもしれません。
灘校にも、国語や社会が得意で文系だねと思われる人も結構いて、社会科学同好会、ディベート同好会、地理歴史研究部、書道研究会、文芸同好会のような文系のクラブも、実は奥が深いです。
高3では文系と理系とでクラスが分かれていますが、高3の1組が文系、2~4組が理系です。割合としてはやはり理系が多いのですが、文系も全体の4分の1ほどいるということです。
人前で話すことの多い役職で活躍する人には、理系の人もいますが、文系が多いように思います。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

算数だけで灘中に行けるか

灘を目指す子は算数が好きな子が多いです。算数も国語も理科も、おまけに入試科目にない社会まで、どの科目もまんべんなくできる素晴らしいお子さんもいらっしゃいますが、うちの息子のように、もとが算数ばかりだった場合、では、算数さえできれば灘中に入れるのかというと・・・

灘中入試は、算数1日目:100点、算数2日目:100点、国語1日目:80点、国語2日目:120点、理科(1日目のみ):100点 の合計500点で、合格最低点は年によって変動しますが、平成25年度は304点、平成24年度は362点でした。

算数だけがものすごくよくできて難しい灘中入試問題の算数で常に満点をとれたとしても、合計500点のうちの200点ですから、もし理科と国語が0点ならば、合格点には全然足りません。

算数が得意な子は大体、理科のうち物理・化学は得意なほうなので、単純に理科100点のうち50点を足すと、それでも250点。理科の残りの部分と国語が全然できなければ、やはり合格点には届きません。

実際、灘中の算数で満点を取る子はいますが、そう簡単ではありません。よほど算数が得意だとしても算数で満点をとれるとは限らないということも想定して、灘に入るためには、理科・国語でも必要な点数が取れるように実力をつけなければならないのです。


(参考)国語ができなかった息子の、かけこみ灘中国語対策はこちら
   ↓


国語学習法

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

合格時計で 時間切れとミスをなくす

小6のある時、息子が思うような点をとれないのは、試験の時間配分をきちんとできていないからではないか?ということに気付きました。
灘を目指すような子は算数の難問が好きで、時間をかけてでも最後まで解き切りたいとこだわってしまうことがあります。難問に時間をかけたために、簡単に解けるはずの問題が手つかずのまま、ということもおこります。
見直しの時間を取らなかったために、見直せば気づいたようなミスで点を落としてしまうこともよくありました。
時間無制限で算数の問題を楽しむならいいのですが、試験は決められた時間内にどれだけ得点できるかの勝負です。時間をかけても結局点が取れないような問題に時間をかけない、見直しの時間を確保してミスをなくす、ということが、少しでも高い点をとるために重要です。

大体、試験会場に時計はあります。でも、壁の時計を見るには、その都度頭を上げなければなりません。机の上に時計を置いて、問題を解く合間に少ない動きで時間を確認することを習慣とするほうがいいのです。自分専用の腕時計を買おうと検索して、見つけたのが「合格時計」でした。

普通のアナログ時計としての機能はもちろん、外枠の目盛りを試験終了時間に合わせておくことにより、残り時間が一目で分かるようになっています。残り15分からは枠の色が変わり、試験終了時間が近づいていることを知らせてくれます。

試験では、問題の形式によって、まず大体の時間配分を決めておき、その時間配分で問題を解き進めます。そして、試験終了まで残り5分~10分(その試験の制限時間と、ご本人の経験上ミスを直すのにどれだけかかるかにより、時間を決めておきましょう)になったら、取り組んでいた問題を中断してでも、見直しに専念するのです。ミスで点を落とすことの多い人の場合、これだけで結構点を拾えるはずです。


関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘特進の算数

左の欄に息子が使用した教材などのリストを作ってみましたが、それで気づいたのが、算数については、中学受験問題集も含め、小6の時に使用したものがない、ということです。
「受験全解算数」はいろいろな学校の入試問題を集めたもので、かなりやりごたえのある問題集ですが、小5の時に灘特進で宿題教材として使用したもので、小6では卒業していました。塾の先生によれば、灘レベル以外の学校であれば、小6でこの問題集がちょうどよいとのことでした。
「算数の基本」は昨日の記事に書いたとおり、灘を受けるような子には2~3年先取りレベルです。
では、小6の時は何をしていたのかというと、灘特進テキストと補助教材、30年以上前からの灘中入試の過去問、つまり日能研灘特進の教材がすべてだったということです。必要な教材をすべて揃えていただけるところも塾の利点の1つですね。

関連記事

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク