FC2ブログ

休憩時間・移動時間に算数過去問

灘を含む難関校の算数の過去問から、とくに楽しいパズル的な問題を集めた本です。
息子は机に向かって解くのではなく、常に持ち歩いて遊び感覚で取り組んでいました。

               

とても良い本なのですが、今は中古しかないようで残念です。

スポンサーサイト



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

小4春の計算問題集

塾から支給されていたのはこちら。1日3題の宿題です。



宿題と関係なく一気にやってしまったのは、姉が持っていたこちら。



コピーをして1ページに2題ずつノートに貼っておくと、楽しかったらしく、いつでもどこでも解いていました。本来は1日3題×365日=1095題ということなのですが、小4になる前の3月から5月はじめくらいまでの間で小6用を終わらせてしまいました。

灘中入試1日め算数の第1問は計算問題ですし、他の問題を解く上でも計算力は大事です。しかし、計算力だけでは灘中には入れません。

小6になってからは、計算問題は1日3〜5題程度をコンスタントに続けつつ、思考力を要する問題に重点を置くべきです。

趣味的に計算問題を一気に進めるというのは、小4のはじめの頃だったからできたことなのです。

          

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

灘特進の算数

左の欄に息子が使用した教材などのリストを作ってみましたが、それで気づいたのが、算数については、中学受験問題集も含め、小6の時に使用したものがない、ということです。
「受験全解算数」はいろいろな学校の入試問題を集めたもので、かなりやりごたえのある問題集ですが、小5の時に灘特進で宿題教材として使用したもので、小6では卒業していました。塾の先生によれば、灘レベル以外の学校であれば、小6でこの問題集がちょうどよいとのことでした。
「算数の基本」は昨日の記事に書いたとおり、灘を受けるような子には2~3年先取りレベルです。
では、小6の時は何をしていたのかというと、灘特進テキストと補助教材、30年以上前からの灘中入試の過去問、つまり日能研灘特進の教材がすべてだったということです。必要な教材をすべて揃えていただけるところも塾の利点の1つですね。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

「算数の基本問題」の使い方

以前に書いた理科社会編と同様に算数の日能研カリテ対策を書こうと思ったのですが、算数に関しては、灘特進生と一般クラスの方々とで全然違います。

灘特進生の場合、算数に関してはカリテ対策はとくにしない、というのが普通かと思います。
灘特進では、他のクラスと同じカリキュラムで「本科」テキストと宿題用「栄冠への道」を履修する(といってもこの中で難しめの問題を抜粋)のと並行して、「灘特進テキスト」を使用する算数特訓でより高度な問題にどんどん取り組んでいます。この子たちにとって、カリテの算数はかなり後戻りした復習問題なのです。

算数でも、理科・社会と同様に「基本問題」シリーズがカリテの過去問集となっており、学年相応の算数を基本から身に付ける必要のあるお子さんには、やはり「基本問題」はカリテ対策として有効かと思います。

我が家でも一時期、カリテで確実に点を取るようにという意図で「算数の基本問題」をやらせたことがあります。ところが、灘特進生にとっては逆効果なようです。似た問題をすでに「本科」「栄冠への道」でもやっているのを、またやらされ、さらにまた同じような問題がカリテで出題された時には、飽きて見る気がないような状態になってしまっていて、ミスをするのです。
灘レベルの子は、初見の手ごたえのある問題に取り組むのが楽しいのです。基本問題を繰り返しさせるのは逆効果であり、時間の無駄なのです。最終的な灘中合格を目指して、どんどん高度な算数に挑戦させたほうがいいのです。灘レベルの場合、「算数の基本問題」は、2~3年先取りで低学年のうちにやっておくのがよいようです。

中学受験算数の基本問題 小学4年 (日能研ブックス)中学受験算数の基本問題 小学4年 (日能研ブックス)
(2009/01)
日能研教務部

商品詳細を見る



中学受験算数の基本問題 小学5年中学受験算数の基本問題 小学5年
(2009/12)
日能研教務部

商品詳細を見る



中学受験算数の基本問題 小学6年中学受験算数の基本問題 小学6年
(2009/12)
日能研教務部

商品詳細を見る


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

☆ おすすめ ☆
 
語句問題対策に
灘の魅力を再確認
こんな玩具が好きでした
最新記事
カテゴリ
このサイトについて
Author:sapphire  灘中を目指すお子さんをサポートする親御さんに参考にしていただくことを願って作りました。息子はすでに灘を卒業して東大生となり、灘校情報の更新は今後ほとんどないと思われますが、過去の記事を引き続き参考にしていただければと思います。今後は1ヶ月に1度はなんらかの更新をしていきます。 他のルートからでも入手可能な情報や、ちょっとした記事は、どなたでもご覧いただけます。 灘中受験への取り組み・心構え、その他、個人的な事情や考え方も含まれる記事は、本当に役立てたい方だけに読んでいただきたく、有料限定記事(ブロマガ)とさせていただいております。一部の記事を除きFC2規定の最低価格100円とし、有料に見合ったボリューム・内容を心がけています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

中学校受験 ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ご訪問者数
リンク